今年度より、市内小中学校では学級・学校生活の満足度を把握したり、生活習慣や学習方法等を見直したりするために「i-check調査」を行っています。その結果の読み取り方や生かし方についての共通理解を図ると共に、各校の実態に応じた適切な支援のあり方について学ぶことを目的として研修会を行いました。

 本研修会では、「i-checkハンドブック」著者である山浦秀男先生より、結果の読み取り方や学級経営への生かし方についての講演を行いました。次に、学校毎に1学期の結果について分析を行いました。講師の先生にも適宜話合いの中に入っていただき、アドバイスしていただくことで、今後の活用の仕方について見通しをもつことができました。